現在位置: ホームの中の製品情報の中のMOOKの中の磯釣り秘伝2016上の巻

磯釣り秘伝2016上の巻
[発売日] 2015年11月30日
[雑誌コード] 68012-93
[定価]本体 1500 円+税

 購入はこちら


2016年度から「上の巻」「下の巻」の二部構成でお届けします!

2016年度版からは従来の「グレ」「黒鯛」の2誌を統合し、上下巻の形式に改めて発行いたします。11月30日発売の上の巻は、特集はグレ名手10人の秘策を公開!「コマセ&付けエサ 十人十色」、エキスパートが教える“食わせ”の技「口オモリをマスターする!」の2本。そのほか2015-2016ニュータックルインプレッション、ヤリトリの基本を見直す「正しいロッドワークとLBの使い方」などなど、お役立ち企画満載でお届けします。

特集1 コマセ&付けエサ「十人十色」
グレ名手10人の秘策を公開!

賢くエサを使いこなすための心得/必釣! これがオレの黄金パターン

竿、リール、ウキ、ライン、ハリ……。ウキフカセ釣りには実に多くのアイテムが用いられている。しかし、ウキ釣りを取り巻くツールのなかで、魚が直接口にし、魚を動かして海の中を変えられるものは1つしかない。エサである。思えば、イワシミンチや湖産エビの時代に比べるとエサの選択肢は飛躍的に増えた。エサ店の陳列棚に並ぶ配合エサも百花繚乱の様相である。この中から何を選び、どのように攻めへ反映するか。これを意識している人は多いと思うが、はたして思い描いた戦術と実際がピタリと一致している人はどのくらいいるのだろうか。軸のブレない釣りは、意味あるエサ使いの上に成り立つ。名手10人に秘策を公開していただこう。時代を知るベテランの仕掛け使いを知ることで、かつての自由さを学ぶのも悪くないだろう。

特集2 「口オモリ」をマスターする!
エキスパートが教える“食わせ”の技術

〝支点〟への意識を高めよう/3度繰り返すことで見えてくる突破口

口オモリを上手に使えば、釣りやすく、魚がエサを食いやすい状態を作る効果が望める。上層からゆっくりとサシエを入れるグレ釣りと、タナでサシエを安定させるクロダイ釣りでは仕掛けのアプローチが異なるが、口オモリは双方の釣りに有効な手法。日常的に口オモリを多用する2人の名手にグレ狙い、クロダイ狙いについてそれぞれ解説してもらった。

久保野孝太郎×川本雄貴
東の流儀

圧倒的強さの西軍に若き精鋭たちはどう立ち向かったのか

世代は違えど、30代でグレ釣り全国大会の頂点に立った
久保野孝太郎さんと川本雄貴さん。
関東の地区予選ですら険しい道のりとなるが、
その頂には西の強豪たちが立ち塞がる。
彼らは、どうやってその壁を打ち破ったのか。
それまでの道程と、互いの志を語ってもらった。

2015-2016ニュータックルインプレッション

Hiden's impression

2015〜2016シーズンも意欲的な新製品が発売されたが、
がまかつは追加モデルのみの発表とあって、
今期はロッド、リールともダイワとシマノのガチンコ対決の様相が濃い。
それでは、まずは注目のラインナップから見ていこう。

[ RODS ]
gamakatsu ▶ がま磯 インテッサG-Ⅴ
DAIWA ▶ オレガ
▶ 大島
SHIMANO ▶ ファイアブラッドグレ
▶ BB-XスペシャルSZⅡ
[ REELS ]
DAIWA ▶ トーナメントISO LBD
SHIMANO ▶ BB-X テクニウム

カラーグラビアほか


[カラーグラビア]

平和卓也 “点の釣り”2ラウンド
(新潟県粟島浦村・粟島&静岡県下田市・下田沖 横根)

南 康史 宙で見せ、底で惑わせるフリーフォール vs 港湾チヌ
(広島県広島市・草津沖堤防)

田中貴 新たなる“ゼロ”の解釈 “釣れる流れ”を狙い撃つ!
(宮崎県延岡市 北浦・沖の二つバエ&高島の鼻)

山元八郎 天才の心・技・体
(愛媛県宇和島市・日振島11番)

大知昭のニッポン・チヌ旅
【第2回】青森県北津軽郡・小泊ほか

 

[others]
ちょっとの工夫で技ありの効果! 磯釣りなるほど小ネタ集 【パート3】
小里哲也「 海を想う」
ヤリトリの基本を見直す「正しいロッドワークとLBの使い方」
寒クロダイ〝盤石〟の練りエサ戦略
新製品情報
Hiden's キッチン
愛読者プレゼント

購買エリア

この書籍は、以下より購入することが可能になっております。

紙版ご希望の方はこちら
Amazon.co.jp セブンネット
bookservice.jp 楽天 e-hon
デジタル版ご希望の方はこちら
fujisan.co.jpオンライン Honto galapagosstore.com
定期購読ご希望の方はこちら

 このページのTopへ

  • Twitter
  • Facebookページ
  • Google+
  • mixiページ
  • Tumblr