現在位置: ホームの中の製品情報の中のMOOKの中の磯釣り秘伝2014黒鯛

磯釣り秘伝2014黒鯛
[発売日] 2014年1月31日
[雑誌コード] 68012-84
[定価]本体 1500 円+税

 購入はこちら


乗っ込みから寒クロまで、オールシーズン黒鯛三昧

磯のウキフカセ釣り専門誌「磯釣り秘伝」。クロダイ特集号となる本誌は、春の乗っ込みから寒クロダイまで、幅広い話題を掲載。「熟練者たちのポイント別攻略法」「決定版! よくわかるハリローテーション」「軟調ロッドインプレッション」「“棒ウキ”のブレない使い方」など、秘伝ならではの充実企画満載です。

特集1 熟練者たちのポイント別攻略法
釣果への第一歩は「釣り場を知ること」にあり

クロダイのフィールド環境を考える/THE具体例 熟練者の攻略ノウハウ

南北に長い日本列島。その大部分がクロダイフィールドである。
岩場あり、砂地あり、藻場ありと、メジナ場に比べ、クロダイ釣り場のバリエーションは実に豊かだ。
地形が変われば攻め方も変わる。水深が変われば使うべき仕掛けも変わる。
迷いのない攻めは理想だが、どこへ行っても自分の釣りをゴリ押しするだけでは、釣れるはずの魚も釣れない。
釣り場の特性に合ったアプローチ法。
すべての釣りに共通する「鉄則」を、今一度見つめ直してみようではないか。

特集2 “棒ウキ”のブレない使い方
やっぱり頼りになる不朽のアイテム

色褪せない棒ウキの魅力/私の釣りを変えた山陰小型カン付き棒ウキ/使い込むほどに手放せなくなる棒ウキ

当世のウキフカセ釣りは、
中通し円錐ウキ全盛の時代である。
そんななかでも、ことクロダイ釣りに関しては
棒ウキ派の数はまだまだ多い。
なぜか?
その魅力に憑かれた人たちは口を揃える。
「棒ウキじゃなきゃ、取れないアタリがあるんだよ」

中西毅×木村公治 
瀬戸内釣法 異種格闘コラボレーション

全遊動 vs カン付きウキ

クロダイの濃さもさることながら、全遊動、超遠投など、様々なエッセンスを釣り界に送り込んできた広島。
様々な仕掛けが発展し、いずれもがハイクオリティなのである。
発想自由で、どこまでも研究熱心。
そんな広島の名手2人が、対極にある仕掛けで初冬の海に挑んだ。

軟調チヌ竿 IMPRESSION

思う存分、曲げて遊べる。

チヌ竿といえば胴調子、そしてグレ用ではあり得ない0や00といった軟調ロッドが熱い!……という編集部の勝手な盛り上がりで、今回は各ロッドメーカーから一番軟らかいと思われるチヌ竿をピックアップ。魚の引きを心ゆくまで味わえる、軟調ロッド6本を満月にしならせてみた。

■LineUP
NISSIN ▶ イングラム稲穂IM 00号 5.35
gamakatsu ▶ 枯冴 軟調5.3
Daikoh ▶ プロフィールド アラチヌスペシャル 0-53
OLYMPIC ▶ シエラ繊麗 530
DAIWA ▶ NEW銀狼 00-53
SHIMANO ▶ 鱗海スペシャル RB 00号530

カラーグラビアほか


[カラーグラビア]

大物師・森本敬介が狙い撃つ
尾鷲、日本記録が泳ぐ海。巨チヌドリームス
(三重県/尾鷲市投石)

高山智幸が釣る日本海の晩春クロダイ
乗っ込み終盤の庄内磯
(山形県/鶴岡市・加茂磯)

最後に笑うのは…俺!?
愛と悲しみのNA-GI-SA 2DAYS
(静岡県/加茂郡・仁科大浜ほか)

永遠のクロダイヒーローに会いに行く
遠矢国利 夏と港と魔法の杖
(鹿児島県/南さつま市・片浦漁港)

大知昭
堤防/護岸/渚 房総半島遠投行脚
(千葉県/南房・富浦港ほか)

[others]

小里哲也 海を想う

決定版! よくわかるハリローテーション

「人工エサ」の正しい使い方

クロダイと潮汐の関係

実録! 秘伝インプレ取材の裏側

全国有望「渚釣り場」20

Hiden's キッチン

新製品情報

購買エリア

この書籍は、以下より購入することが可能になっております。

紙版ご希望の方はこちら
Amazon.co.jp セブンネット
bookservice.jp 楽天 e-hon
デジタル版ご希望の方はこちら
fujisan.co.jpオンライン Honto galapagosstore.com
定期購読ご希望の方はこちら

 このページのTopへ

  • Twitter
  • Facebookページ
  • Google+
  • mixiページ
  • Tumblr