現在位置: ホームの中の製品情報の中の根魚釣り虎ノ巻

h1

根魚釣り虎ノ巻
[発売日] 2013年11月25日
[雑誌コード] 68012-83
[定価]本体 1,200 円+税

 購入はこちら


根魚釣りワールド

a

■磯&ゴロタ場で根魚ハンティング

■堤防&護岸もめちゃめちゃ夢がある

■まったり“リンリン”愉快すぎ!

■ひっそり熱い夜遊び根魚

初めての根魚釣り
一歩踏み入れたら、ずぶずぶハマるロックフィッシュワールドへようこそ

a

どんな道具で、どんな場所で、どんな風に釣ればいい? 深いことは本書をじっくり読んでいただくとして、ここでは“さわり”を紹介。根魚釣りの入り口ともいえる穴釣りを、マルチクが実釣しつつエスコート。

愛しのアイツらにググッと近づくApproach

a

■Approach1 穴釣り(ムラソイ・カサゴ)

■Approach2 ブラクリ釣り(アイナメ)

■Approach3 ライトタックル・ルアー(メバル)

■Approach4 テキサスリグ(アイナメ・ソイ)

■Approach5 泳がせ釣り(キジハタ)

■Approach6 リンリン釣り(ドンコ・カサゴ・メバル)

■Approach7 ブッコミ釣り(カサゴ・アカハタ)

■Approach8 電気ウキ釣り(メバル)

もっと楽しく根魚釣り

a

■キャスティングで狙うカサゴ

■新潟の海もハードロックが熱い!

■メバルのフカセ釣り

根魚図鑑
ロックなやつらが大集合!!

a

ひとくちに「根魚」と言っても、メバルやカサゴといった定番から、高級魚のハタ類など種類はさまざま。ここでは、陸っぱりから狙える代表的な根魚を集めてみました。カサゴとソイ、アイナメとクジメなど見た目が似ている魚の見分け方などもご紹介。

根魚タックルcollection

a

このコーナーでは、根魚を釣るために必要なアイテムを集めてみました。ロッドにリール、ラインにルアー、そして便利&快適なアイテムと、あなたのお気に入りがきっと見つかること間違いなし!

根魚お料理教室

a

 本書で取り上げている根魚は、いずれも高級魚ばかり。普段何気なく釣っているカサゴが、鮮度のよいものは魚屋で軽く1000円を超えるし、日本海のキジハタなんかは、目が飛び出るほどの値段が付くことも珍しくない。
 つまり、それほど根魚は美味しい魚だということ。淡泊な白身は様々な料理に使えるし、アラからは実によい出汁が出る。
 そんな魚を釣り人は、楽しみながら手にできるのだから幸せだ。
 ここでは、基本となる三枚おろしから始め、誰もが感単に作れておいしい根魚料理を紹介。ぜひとも、普段は料理を作らない人もトライしてみてほしい。
 最初のうちは、仕上がりが不格好になってしまうかもしれない。しかし使っている魚は鮮度抜群の根魚だから、味は保証付き。家族に振る舞えば、絶賛されること間違いなし。

根魚釣り結び方集

あ

シンプルな仕掛けで楽しめる根魚釣りですが、ハリや糸の結び方はやはり重要。せっかく掛かった大物が結び目でプッツリ……なんて事は避けたいものです。基本の結びをご紹介しているので、しっかり覚えておきましょう。

根魚釣り用語辞典/Q&A 教えてブラックラー

あ

釣りにはさまざまな専門用語があります。せっかく解説書を読んだり釣り人の話を聞いたりしても、用語がわからないと理解しきれないことも。そこで、ここでは特に根魚釣りに関わる用語をご紹介。また、おなじみのブラックラー・ヤスが、経験に基づいた答えで気になる疑問にQ&Aで回答。行き詰まったときに、参考になること間違いなし!

購買エリア

この書籍は、以下より購入することが可能になっております。

紙版ご希望の方はこちら
fujisan.co.jpオンライン Amazon.co.jp
デジタル版ご希望の方はこちら
fujisan.co.jpオンライン Honto
定期購読ご希望の方はこちら

 このページのTopへ

  • Twitter
  • Facebookページ
  • Google+
  • mixiページ
  • Tumblr