現在位置: ホームの中の製品情報の中のDVD in MOOKの中の見てわかる! ヒラメのルアーフィッシング

見てわかる! アオリイカのエギング

見てわかる! ヒラメのルアーフィッシング
[発売日] 2009年09月30日
[雑誌コード] 68012-40
[定価]本体 1,200 円+税

 購入はこちら


サーフのヒラメハンター堀田光哉が教えるヒラメのルアーF入門
必要な道具、釣り方のコツをやさしく解説。ヒラメのルアーフィッシングがよくわかる!

付属のDVDは、本誌で説明している釣り方を映像でさらに細かく、わかりやすく解説したヒラメ釣りの入門ビデオです。サーフのルアーフィッシングで必要なタックルやラインの結び方からポイント攻略法まで、“ヒラメハンター”こと堀田光哉さんのレクチャーを参考に、憧れの一尾を目指してください!

プロローグ: ヒラメ釣りの魅力
船だけのターゲットじゃない。身近なフィールドでも狙って釣れる!

ヒラメというと「船で釣る魚」「遠くへ行かないと釣れない」……等々、敷居の高い釣り物というイメージがありますが、海のルアーフィッシングが普及するとともに身近なフィールドでも狙って釣れることがわかり、特にサーフからの釣りはひとつのジャンルとして定着しつつあります。本章では釣りをする前に知っておきたいターゲットの生態や習性、そしてフィールドと釣り方のアウトラインを確かめていきましょう。


チャプター1: タックル&装備

ヒラメのルアーフィッシングで用いるタックルは「ロッド」「リール」「ライン」「ルアー」の4点。各々の性能をフルに引き出すにはそれぞれをバランスよく組み合わせることが大切です。気になるラインシステムと結び方についてもこの章で紹介しているので、フィールドに立つ前に反復練習してしっかりマスターしておきましょう。


チャプター2: ルアーの基礎知識

数多くの種類が存在するルアーのなかから、本章ではサーフのルアーフィッシングで活躍する「ミノープラグ」「ソフトルアー」を中心に、それぞれの特性や基本的な性能をレクチャー。波が押し寄せるサーフならではの操作法も覚えていきましょう。


チャプター3: 釣り方一連の動作

サーフのヒラメ釣りはキャストとリトリーブの繰り返し。一日に何百回も繰り返す作業なので、まずは一連の動作を力まずスムーズに行えるように練習し、掛けてから取り込むまでの動き方もイメージトレーニングを積んでおきましょう。寄せては返す波の作用を常に考慮してアクションを繰り出すことが大切です!


チャプター4: 実践テクニック

タックルやルアーを揃え、ひと通りの動作を覚えたらいよいよフィールドへ! 見渡す限りフラットで、どこも同じように見えるサーフですが、実際にはヒラメが着きやすい場所とそうでない場所が存在します。潮の流れや地形の変化を的確にとらえる眼力を養い、自然条件が及ぼす影響をきちんと理解すれば、「憧れの一尾」に出会える日もそう遠くはないでしょう。


特別付録: ヒラメのおろし方と刺身調理
釣って手にした“美味魚”を美味しくいただくために

購買エリア

この書籍は、以下より購入することが可能になっております。

紙版ご希望の方はこちら
Amazon.co.jp セブンネット
bookservice.jp 楽天 e-hon
デジタル版ご希望の方はこちら
定期購読ご希望の方はこちら

 このページのTopへ

  • Twitter
  • Facebookページ
  • Google+
  • mixiページ
  • Tumblr